RECOTYを開発し始めた時の話

僕は元々オプトという会社で働いていたのですが、その後独立して、いろいろあり、その後は、ホームページを作ったり、EC-cubeでECサイトを作ったり、wordpressをカスタマイズしたり、phpで簡単なプログラム(自動でエンドユーザーが入力した値から料金を計算して表示するシステムとか)を作ったり。中小企業のネット広告運用をしたり、そんな仕事をしていました。

ぶっちゃけ言うと、当時は、スタートアップとして会社を大きくして!とかあまり思っていなくて、どちらかというと当時流行っていた(?)ノマドワーカー的に旅行とかサーフィンとかしながら、一人で稼ぐような感じになりたいと思っていました。というかそれに近い生活も出来る感じになったんですが、やってみるとあんまり面白くはなかったです。

そんな僕が、プログラミングをガッツリ勉強したいと思って、いろいろやってみたのですが、なかなか続きませんでした。

ただ、どうしても作りたいWEBサービスを思いついたのがきっかけで、やっぱりスタートアップとして一念発起して世界を変えるようなプロダクトをつくりたいと思ったので、ちゃっちゃと作ってしまおうと、一番オリジナルサービスまでコミットしてくれそうな、techacademyで勉強して、RECOTY を作りました。

※今のRECOTYは僕が作ったものとは結構違いますのであしからず。ただ、人を推薦したり、タイムラインに表示されたり、マイページ(書いた推薦文と書かれた推薦文があったり)・・・といった機能はあり、ちゃんとしたサービスにはなっていました。

2ヶ月+1ヶ月(卒業後1ヶ月)で本当に作れてしまったので、RubyonRailsってスゴイなと思いました。

で、完成後数ヶ月してコンテストへ応募してみたら最優秀賞に(笑)

そこから、Wantedlyの無料枠で、一人のイケてる開発者の人が手伝ってくれることになり、その後、知人のイケてる開発者に声をかけて、僕の作ったRECOTYから今に至っています。

ちなみに僕は今、RECOTYの開発はしていませんが、イケてる開発者の方が引き続き開発をしてくれています。